FC2ブログ

とねりこまろんの開運フラワーエッセンス生活

1999年からフラワーエッセンスを使い始めました。感想徒然・日々の雑記です

Entries

隠れキリシタンの実像・・・という本。

去年(2013年)、私が高校の修学旅行で行った、長崎・平戸ルートとほぼ同じルートで、長崎を旅行された、キネシやワークなどに来てくださる方から聞いた「隠れキリシタン象」が、私が修学旅行に行くにあたって調べた隠れキリシタン像と、かなり違っていて、
久しぶりに、隠れキリシタンに興味が出てきたところに、こんな本が発売されたのを知って、早速、読んでみました。



隠れキリシタンの実像

その名も「隠れキリシタンの実像」という本です。

確か2000年頃に、最後の隠れキリシタンの方たちが、名乗り出たのがニュースになっていた記憶があるのですが、
私が読んだ「長崎のキリシタン」という本で得た知識では
「隠れキリシタン」という方たちは、ユダヤ教の方たちが「いつか現れる救世主」が「イエズス様」ということを信じられrずに
「ユダヤ教」と「キリスト教」と別れてしまった(かなり要約しています)のと同じように、

江戸時代、最後の宣教師が予言した「いつか再び訪れる救い主的な宣教師」を「この人だ!」と確信出来るに至らず、
未だに待ち続けている人たち、というニュアンスで書かれていたと記憶しているのですが、(記憶間違いだったらごめんなさい)

「隠れキリシタンの実像」という本では、世間で言う「隠れキリシタン」という人たちは、世間が思うような、正当なキリスト教を命を賭して守ってきた人たち、というよりも、

キリスト教が土着の人々の生活と習慣に混じりあって生まれた民俗神のようなものを、「先祖たちが大切に守ってきたからこそ大切にし続けてきた人々」という、30年に渡るフィールドワークから導き出した、斬新な結論が出されています。

本の中で出ていた例えをちょっと変えて使わせてもらうと、
パンは西洋から渡って来たもので、あんこは、もとから日本にあるものだけれど、

それを組み合わせて作った「あんぱん」は西洋のもだろうか?
それは「まんじゅう」の皮が「パン」になっただけの話で、

「あんぱん」に西洋の精神を感じるだろうか?「あんぱん」の心は、日本文化ではないだろうか?というような結論です。

私が修学旅行に行った段階では、まだ名乗りをあげていない「隠れキリシタン」の方たちも存在していて、その実像も、まだまだ明らかになっていなかったときだったので、時を経て、間違った知識が修正されて、とてもすっきり。

ちなみに、修学旅行は、長崎コース、 奈良・京都コース、 広島・萩コース と選べて、長崎コースは、カトリックの学校だったため、一般の人が入れないところもかなり入れてもらえる、ということもあって、毎年人気だから、倍率が高い、といわれていたのだけれど、私は興味もないのに、なぜか長崎にいくことになってしまいました。

コースの中に コルベ神父さまが 聖母の騎士修道院の裏山に作ったルルドの泉を周る時があったのですが、前を歩いていた学校の進行が遅れていたのか、やがて、前を歩いていた学校と 自分の学校が重なってしまったんです。

ガイドの人は、少し困り気味の顔で、その様子を見ていたのですが、その前につまっている学校の制服に、なんだか見覚えが。
どこで見たんだろう?と記憶をたどって、それが、自分が通っていた幼稚園の付属中学校の制服に似ていることに気づいたのです。

私は幼稚園は東京のカトリックの学校で、小学校から、神奈川のカトリックの学校に行っていたのですが、まさか、こんなところで、幼稚園の付属の学校に出会うわけがない、とは思いつつ、好奇心をおさえられずに、最後尾を歩いていた子に学校名を聞くと、

なんと、まさに、私が通っていた幼稚園の付属高校の団体だったのです。しかもその学校は都内に2か所あったのですが、ぴったり、私が通っていた方の学校。

小学校から別の学校に行くのは、6歳の私にはかなり不本意なことで、その後も度あるごとに、「もし、あのまま、上の学校に行っていたらどんな人生だったのだろう?」と、幾度となく考えてきたことだったのだけれど、

結局、どっちの学校に行ったとしても、同じ時に、同じ場所に行くのは決まっていた、という現実に、とても不思議な気持ちになりました。

運命はある程度、変えられると今でも信じているのですが、
それでも、動かせない「決まった運命」もある。というのを体感した瞬間でした。








Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

とねりこまろん (hida)

Author:とねりこまろん (hida)
ようこそ♪ hida です。

音楽関係会社を経て独立、

途中、石(ミネラル・鉱物)のスタッフとして、
ワークショップを開催しながら腕を磨きつつ


キネシを使ったオリジナルスタイルでの
行動心理アドバイザーをメインに
(2002年~)

フレンチスタイルベースのフラワーアレンジメント講師(2009年~)
オーストラリアンワイルドフラワーアートセラピー講師(2001年~)
和の香原料を使った香りの調合をする香司(こうし)(2013年~)
ライター(2007年~)
日本酒の利き酒師(2015年~)
薫物屋香楽認定 香司 教授資格(2016年~)
なんかをしています。

(石屋のスタッフが先だと思われてますが、
実は、独立後、石屋にスカウトされました)


1999年からフラワーエッセンスを使い始めました。
趣味のように実験を繰り返していたフラワーエッセンス。
よく、エッセンスの体験談や
メーカーごとの違いとかを聞かれたので、
そういうのを楽しく紹介していければいいな。
と思ってこのブログを始めました。

アリゾナカクタス・フラワーエッセンスのティーチャー&
パシフィック・エッセンスのプラクティショナーです。


パシフィックはわたしがプラクティショナーをとった時には、
日本にはプラクティショナー1人しかいませんでした。
(わたしは2人~6人目くらいだったかと思います)

他習得技術は
オーラソーマ・プラクティショナー(1999年~)
スリーインワンコンセプト(2002年~)
ヒプノセラピー(2000年くらい)
ミスティカオイルセラピスト(2001年くらい)
草月流1級師範 総務(2016年現在)
JAKDA認定1級カラリスト(1996年)
照明コンサルタント(1999年)
D.A.F.A.1(ダファ/プルミエ)
フランス国立園芸協会(S.N.H.F.)主催の
アレンジメント技能認定国家試験 合格 (2007年)

趣味はバックギャモンと日本酒&クラフトビール
茶道&読書&音楽
ものづくり、園芸、キレイなものをみること、
我が家のお犬さま観察です。


最近、たまぁに、
アルゼンチンタンゴもやりはじめました。
時間があれば、合気道もまたやりたいと、
機会をうかがっているところです。


よく、セラピストですか?と聞かれますが、
セラピストとは名乗っていません。

一応、呼称

行動心理アドバイザー としています。

プライベートからビジネスシーンまで
キネシオロジーはじめさまざまな方法で
「鏡」の役割をして、未来へのさまざまな選択肢・可能性の
ご提案をしています。

現在・手持ちエッセンス9メーカー約400種類です。
新しいエッセンスもいいのですが、
身近に生のお花があると、
フラワーエッセンスは特にいらないかも?
とも感じているので、

身近な自然から感じたことや、
楽しくて、毎日がよくなる!と実感したことを
ブログでお伝えしていくつもりです。

個人セッションは、
基本、ご紹介者がいらっしゃる方のみと
させていただいています


活動の詳細は下記をご覧くださいね。
@hida@カタログ
http://floraray.blog37.fc2.com/blog-category-2.html
@hida@hida的キネシ術日記
http://ainebutterfly.blog83.fc2.com/

*注意!*
コメントなどで個人的に質問を送られてもそれには返信いたしません。
他の方にも有益、と判断した場合には、当方の都合のつくときに、
ブログの文面にて、お答えとなるものを公開します。
他で調べればすぐ答えのわかるようなもの、
また当方で詳しい情報のつかめていないものに関しては、
ブログ文面でもお答えはいたしません。

このブログをご欄になっている
ほかの方にお知恵を拝借したいと思っている場合は
「公開」にしてコメントを行い、
善意のコメントがいただけるまで静かにお待ちください。

また、当ブログにふさわしくないと判断したコメント、
トラックバックは事前の了承無く、即刻削除させていただきます。

blog コンテンツについて
【販売者名】
「floraray」by naoe hida
4-131 uemachi naka-ku yokohama-shi kanagawa
6253101
【URL】
http://maloon8lagoon.blog51.fc2.com/
【ブロマガの販売について】
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄から
FC2ポイントを購入し購入したFC2ポイントを消費して
コンテンツを購入して頂けます。コンテンツの購入に必要な金額は、
1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html

【商品代金以外の費用】

記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。

【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。

【返品に関する事項】
商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。

【動作環境】
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。

▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/

ブログ内検索

検索フォーム

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

右サイドメニュー

QRコード

QR

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサードリンク