FC2ブログ

とねりこまろんの開運フラワーエッセンス生活

1999年からフラワーエッセンスを使い始めました。感想徒然・日々の雑記です

Entries

桃源邨 ~横浜中華街のお店~

中華街の人気お粥店のそばにあるこのお店。
名前は「桃源邨」
桃源郷というと、桃林に囲まれた平和で豊かな、仙人等がすむ理想郷という意味があるのだけれど、
お店にその名がつくように、
ここはある意味、中華街の一番最後にたどりつくべき
ユートピアなのかも?

それなので、中華街の右も左もまったくわからないまま一番はじめにこのお店に行ってしまっては
その料理の不思議さがわからなくてもったいない!

かくいう私も最初に訪れた10年近く前にはこのお店の価値がわからなかったのです・・・

DSCN0022.jpg

現在、中華街には500店舗近いお店があるそうなのですが、
運よく、中華街に行き始めたその初めのころ、桃源邨には行った記憶はあって
その時、小龍包を食べた記憶があるのだけれど、
その後、今はなくなってしまった「菊華」にはまって、
そのままなんだか忘れてしまって訪れることのなかったお店。

ところが、今年の余りの暑さと忙しさに
体がばて始めたころ、
異常にここのメニューが気になりだしたのです。

特にお店の看板メニューらしき、
「豆腐ジャン(スープ)」と
「おにぎり」が気になってしょうがない。

そして、(10月下旬に)ついに食べてきました!

↓ これが豆腐ジャン(豆腐スープ)
DSCN0009.jpg
 

お椀の中で豆腐を作るスープだそうです。
オーダーする時に、ザーサイを入れるか、入れないか、など
好みを聞いてくれます。
私はザーサイを入れてオーダーしました。
(本場上海ではいれないそう)
スープが冷めるにつれて、豆腐が固まってくるのだけれど
本場では崩しながら食べるそう。
私は暑いときは豆腐のクリーミーさを楽しんで、
冷めてからは柔らかめの豆腐を楽しむようにして食べました。
このスープがめっちゃくちゃおいしくって
当分、これにはまりそうな予感がします。

↓こちらは ツォ飯。
 ツォという漢字は神にささげる穀物。という意味を持つそう。
 おこわで作ったおにぎりの中に揚げパンがはいっていて
 最初は「ご飯にパン~?」と思ったのだけれど
 これがどうして、揚げパンがしっかりおにぎりの具になってるから不思議!
 このおにぎりをかじりながらスープをすするのが
 上海の朝ごはんスタイルだそう。
DSCN0017.jpg  :>

雑誌には「スープにご飯をつけて食べる」と書いてあるそうだけれど、
おにぎりはスープにつけずに食べるの正しい食べ方
だそう。
ご主人曰く、
「せっかく、苦労してにぎったのに
 スープにつけておにぎりくずしたら意味がない!」とのこと。
「スープにつける」は雑誌が勝手に書いてしまったそうでご主人カンカンです。

ですので、お店では
スープにご飯をつけずにたべましょう


とはいえ、残り少ないスープに
残り少なくなってきたご飯を崩してちょっと雑炊風にして食べたい気持ちは
よ~くわかる!

ちなみに、おそるおそるお店に入った瞬間に耳にしたのは、
お店のご主人が奥さんに
「ママ~」と呼びかける優しい優しい声。
それを聞いて、
「この店、絶対おいしい!」と確信しました。

どこのお店でもそうなんだけれど
ご主人が愛妻家(もしくはその反対)のお店の料理は
おいしいことがとても多い!

お店のご主人は
学者の研究が高じて料理もしてしまっている、といったような風貌のすごく面白い方。
なんでも中国生まれのお父さんは日本に帰国した後、どうしても中国で食べた「あの料理の味」をもう一度食べたいと、日本全国食べ歩いたけれど、その味には出会えなくって、自分で再現して、「桃源邨」をはじめたというから、2代目のご主人にもその血が色濃く流れているようです。

つまりご主人は日本人なのですが、
もう本場中国でも(文化大革命のせいで)
作り手がいなくなり、作られなくなった料理を唯一日本で作れるそうで、
その研究の賜物メニューが店内にはたくさん!
言葉にすると平坦になりすぎてその料理のすごさが表せないのだけれど、
中華街に住む中国人が多く訪れるのはもちろん、
中国の要人が来日するとわざわざこのお店の料理をたべにくることもあるとか。

こんな色々、掘れば掘るほど面白さがにじみ出てきそうなお店は
ご夫婦二人でやっているので
「忙しくなると常連さんに迷惑だから」という理由で
最近は、雑誌などの取材はすべてお断りしているそう。

というわけで、こちらにも住所などの詳細は載せませんが
今の世の中簡単に調べることはできるので、
行く気があったら自力で探して行ってください☆彡

10席ほどの小さなお店ですが、
昭和の空気が漂って、懐かしく居心地良く過ごせます。
小腹がすいたときに、女性一人でもゆったりすごせるよいお店です

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

とねりこまろん (hida)

Author:とねりこまろん (hida)
ようこそ♪ hida です。

音楽関係会社を経て独立、

途中、石(ミネラル・鉱物)のスタッフとして、
ワークショップを開催しながら腕を磨きつつ


キネシを使ったオリジナルスタイルでの
行動心理アドバイザーをメインに
(2002年~)

フレンチスタイルベースのフラワーアレンジメント講師(2009年~)
オーストラリアンワイルドフラワーアートセラピー講師(2001年~)
和の香原料を使った香りの調合をする香司(こうし)(2013年~)
ライター(2007年~)
日本酒の利き酒師(2015年~)
薫物屋香楽認定 香司 教授資格(2016年~)
なんかをしています。

(石屋のスタッフが先だと思われてますが、
実は、独立後、石屋にスカウトされました)


1999年からフラワーエッセンスを使い始めました。
趣味のように実験を繰り返していたフラワーエッセンス。
よく、エッセンスの体験談や
メーカーごとの違いとかを聞かれたので、
そういうのを楽しく紹介していければいいな。
と思ってこのブログを始めました。

アリゾナカクタス・フラワーエッセンスのティーチャー&
パシフィック・エッセンスのプラクティショナーです。


パシフィックはわたしがプラクティショナーをとった時には、
日本にはプラクティショナー1人しかいませんでした。
(わたしは2人~6人目くらいだったかと思います)

他習得技術は
オーラソーマ・プラクティショナー(1999年~)
スリーインワンコンセプト(2002年~)
ヒプノセラピー(2000年くらい)
ミスティカオイルセラピスト(2001年くらい)
草月流1級師範 総務(2016年現在)
JAKDA認定1級カラリスト(1996年)
照明コンサルタント(1999年)
D.A.F.A.1(ダファ/プルミエ)
フランス国立園芸協会(S.N.H.F.)主催の
アレンジメント技能認定国家試験 合格 (2007年)

趣味はバックギャモンと日本酒&クラフトビール
茶道&読書&音楽
ものづくり、園芸、キレイなものをみること、
我が家のお犬さま観察です。


最近、たまぁに、
アルゼンチンタンゴもやりはじめました。
時間があれば、合気道もまたやりたいと、
機会をうかがっているところです。


よく、セラピストですか?と聞かれますが、
セラピストとは名乗っていません。

一応、呼称

行動心理アドバイザー としています。

プライベートからビジネスシーンまで
キネシオロジーはじめさまざまな方法で
「鏡」の役割をして、未来へのさまざまな選択肢・可能性の
ご提案をしています。

現在・手持ちエッセンス9メーカー約400種類です。
新しいエッセンスもいいのですが、
身近に生のお花があると、
フラワーエッセンスは特にいらないかも?
とも感じているので、

身近な自然から感じたことや、
楽しくて、毎日がよくなる!と実感したことを
ブログでお伝えしていくつもりです。

個人セッションは、
基本、ご紹介者がいらっしゃる方のみと
させていただいています


活動の詳細は下記をご覧くださいね。
@hida@カタログ
http://floraray.blog37.fc2.com/blog-category-2.html
@hida@hida的キネシ術日記
http://ainebutterfly.blog83.fc2.com/

*注意!*
コメントなどで個人的に質問を送られてもそれには返信いたしません。
他の方にも有益、と判断した場合には、当方の都合のつくときに、
ブログの文面にて、お答えとなるものを公開します。
他で調べればすぐ答えのわかるようなもの、
また当方で詳しい情報のつかめていないものに関しては、
ブログ文面でもお答えはいたしません。

このブログをご欄になっている
ほかの方にお知恵を拝借したいと思っている場合は
「公開」にしてコメントを行い、
善意のコメントがいただけるまで静かにお待ちください。

また、当ブログにふさわしくないと判断したコメント、
トラックバックは事前の了承無く、即刻削除させていただきます。

blog コンテンツについて
【販売者名】
「floraray」by naoe hida
4-131 uemachi naka-ku yokohama-shi kanagawa
6253101
【URL】
http://maloon8lagoon.blog51.fc2.com/
【ブロマガの販売について】
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄から
FC2ポイントを購入し購入したFC2ポイントを消費して
コンテンツを購入して頂けます。コンテンツの購入に必要な金額は、
1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html

【商品代金以外の費用】

記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。

【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。

【返品に関する事項】
商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。

【動作環境】
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。

▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/

ブログ内検索

検索フォーム

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

右サイドメニュー

QRコード

QR

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサードリンク