鎌倉の八幡さまの大銀杏が倒れてしまった・・・・

2010.03.10 23:30|未分類
地元は一応、鎌倉。
鎌倉駅まで歩いていくときは通り道にしている八幡さま。
その大銀杏が倒れてしまったとニュースで見てびっくり!

数年前からやばいやばいとは言われていたけど、
まさか自分が生きているうちに倒れるとは思わなかった。

木が倒れたのは朝5時40分ごろという。
その頃、私は湯たんぽを抱いて寝たのに、
あまりの寒さに凍えて起きて、
ゆたんぽを温めなおしていた。

今、思えばそれは虫の知らせだったんだろうか?
おばあちゃんが危篤になったときも、
遠く離れた群馬で仕事中に貧血を起こしていたし、
弟がひき逃げされた夜も
まったく知らなかったのに、やっぱり群馬で具合が悪くなっていた。
(ちなみに弟は3日間意識不明だったそうだけれど、
 私には連絡が来なくて、それを知ったのは、1ヵ月後、
 法事で帰ったときだった。

 母曰く、
 「来ても意識がないからしょうがないと思ったから
  呼ばなかった」そうだ。。。そういうもんだろうか?)

そういえば、幼馴染が転落事故でやっぱりICUに入ったときも、
友達と飲みに行く約束をしていて、
その場所を聞くために打ったベルが
(当時はポケベルだった)
番号を知らなかった幼馴染のベルに届き、
「今、入院してるんだけど、なんか用?」と電話がかかってきたことがある。
(飲みに行く約束をしていた友達のベル番号前4桁と、
 その次の段のベル番号の下4桁をあわせると、
 なんと、その幼馴染のベル番号になっていた)

「以心伝心」なのか「虫の知らせ」なのか。
つながっているってこういうことなのかな?と思う。
そうすると大銀杏もお別れを言いにきてくれたのかな?
と思うと、嬉しくもあり、けどやっぱり残念。

ちなみに、この大銀杏は一部で「パワースポット」とささやかれていたらしいが、
銀杏が倒れたらパワースポットじゃなくなるんだろうか?

パワースポットとささやかれて
パワーを吸いにくるだけの人があまりに多くて、
大銀杏は予想より早く力尽きてしまったのだろうか?

実際、鎌倉の神社仏閣のあるところでは
あまりに信心ない参拝客が増えたのを憂えて
マスコミ取材を一切お断りにしたところがある。

これはよくいわれることだが、
神社仏閣に参拝して自分の幸運を祈るのであれば
同時に、その社・土地の反映も祈ってほしい。
そしてゴミは投げ捨てない、公共マナーは守る、
などの最低限のマナーは守ってほしい。

もうすぐお花見の季節だが、
その時期の鎌倉山は、正直最悪だ。
ゴミであふれかえる。
日曜だというのに、ゴミ清掃車がでて回収している。
それはもちろん、鎌倉市民の税金だろうが、
花見客の何割が地元の人だろうか?
「酒瓶も何もかも、持ってこれるなら持って帰れ」

京都と違って鎌倉は神社仏閣を見るのに
参拝料が必要な場所は少ない。
とっても数百円。
京都に比べれば格安のお値段だ。

じゃあ、鎌倉の神社仏閣はどうやって運営されているのだろう?
それは個々で異なるとは思うが、
うちの実家はうちのお墓の宗派とは関係なく、
2つの神社、1つの寺社の氏子になっているらしく、
いつの頃から季節ごとに「お札」が届けられ
「この金額を振り込んでね♪」と振り込み用紙が届く。
身近なお寺じゃなければ、
軽い押し売りだ。
別に払う義務はないんだろうけど、
「お札もらっちゃったらねぇ」というわけで
返しに行くのも面倒だし、
それはお気持ちをお納めしてありがたく使わせていただいているが、
これが神社・寺社の修繕費やら人件費になったとしても、
それだけでやってけるんだろうか、と不安になる。

(ちなみに距離的に一番近い寺(拝観料を取るところ)からは
 そういったお願いは届かない。
 そして、「お願い」が届く神社仏閣と同距離の神社仏閣は
 他に7つある。
 基準はわからないが、神社・寺社で相談の上住み分けているのだろうか?)

そういうわけで、
鎌倉で神社・寺社に行ったら
なるべく多く、お賽銭いれてあげてください。
お守りも買ってあげてください。

小町通りのお店はTVに出ている有名どころでも
「本店は岡山」だったり「栃木」だったり、
鎌倉が地元じゃないけど
鎌倉と看板掲げている店がかなりあります。

まあ、それを食べるのもおいしいからいいんだけれど、

できればあまりマスコミには踊らされないで
自分の目で見て確かめて、いい観光をして
楽しんで帰ってもらえると嬉しいです。





コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

とねりこまろん (hida)

Author:とねりこまろん (hida)
ようこそ♪ hida です。

音楽関係会社を経て独立、

途中、石(ミネラル・鉱物)のスタッフとして、
ワークショップを開催しながら腕を磨きつつ


キネシを使ったオリジナルスタイルでの
行動心理アドバイザーをメインに
(2002年~)

フレンチスタイルベースのフラワーアレンジメント講師(2009年~)
オーストラリアンワイルドフラワーアートセラピー講師(2001年~)
和の香原料を使った香りの調合をする香司(こうし)(2013年~)
ライター(2007年~)
日本酒の利き酒師(2015年~)
薫物屋香楽認定 香司 教授資格(2016年~)
なんかをしています。

(石屋のスタッフが先だと思われてますが、
実は、独立後、石屋にスカウトされました)


1999年からフラワーエッセンスを使い始めました。
趣味のように実験を繰り返していたフラワーエッセンス。
よく、エッセンスの体験談や
メーカーごとの違いとかを聞かれたので、
そういうのを楽しく紹介していければいいな。
と思ってこのブログを始めました。

アリゾナカクタス・フラワーエッセンスのティーチャー&
パシフィック・エッセンスのプラクティショナーです。


パシフィックはわたしがプラクティショナーをとった時には、
日本にはプラクティショナー1人しかいませんでした。
(わたしは2人~6人目くらいだったかと思います)

他習得技術は
オーラソーマ・プラクティショナー(1999年~)
スリーインワンコンセプト(2002年~)
ヒプノセラピー(2000年くらい)
ミスティカオイルセラピスト(2001年くらい)
草月流1級師範 総務(2016年現在)
JAKDA認定1級カラリスト(1996年)
照明コンサルタント(1999年)
D.A.F.A.1(ダファ/プルミエ)
フランス国立園芸協会(S.N.H.F.)主催の
アレンジメント技能認定国家試験 合格 (2007年)

趣味はバックギャモンと日本酒&クラフトビール
茶道&読書&音楽
ものづくり、園芸、キレイなものをみること、
我が家のお犬さま観察です。


最近、たまぁに、
アルゼンチンタンゴもやりはじめました。
時間があれば、合気道もまたやりたいと、
機会をうかがっているところです。


よく、セラピストですか?と聞かれますが、
セラピストとは名乗っていません。

一応、呼称

行動心理アドバイザー としています。

プライベートからビジネスシーンまで
キネシオロジーはじめさまざまな方法で
「鏡」の役割をして、未来へのさまざまな選択肢・可能性の
ご提案をしています。

現在・手持ちエッセンス9メーカー約400種類です。
新しいエッセンスもいいのですが、
身近に生のお花があると、
フラワーエッセンスは特にいらないかも?
とも感じているので、

身近な自然から感じたことや、
楽しくて、毎日がよくなる!と実感したことを
ブログでお伝えしていくつもりです。

個人セッションは、
基本、ご紹介者がいらっしゃる方のみと
させていただいています


活動の詳細は下記をご覧くださいね。
@hida@カタログ
http://floraray.blog37.fc2.com/blog-category-2.html
@hida@hida的キネシ術日記
http://ainebutterfly.blog83.fc2.com/

*注意!*
コメントなどで個人的に質問を送られてもそれには返信いたしません。
他の方にも有益、と判断した場合には、当方の都合のつくときに、
ブログの文面にて、お答えとなるものを公開します。
他で調べればすぐ答えのわかるようなもの、
また当方で詳しい情報のつかめていないものに関しては、
ブログ文面でもお答えはいたしません。

このブログをご欄になっている
ほかの方にお知恵を拝借したいと思っている場合は
「公開」にしてコメントを行い、
善意のコメントがいただけるまで静かにお待ちください。

また、当ブログにふさわしくないと判断したコメント、
トラックバックは事前の了承無く、即刻削除させていただきます。

blog コンテンツについて
【販売者名】
「floraray」by naoe hida
4-131 uemachi naka-ku yokohama-shi kanagawa
6253101
【URL】
http://maloon8lagoon.blog51.fc2.com/
【ブロマガの販売について】
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄から
FC2ポイントを購入し購入したFC2ポイントを消費して
コンテンツを購入して頂けます。コンテンツの購入に必要な金額は、
1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html

【商品代金以外の費用】

記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。

【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。

【返品に関する事項】
商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。

【動作環境】
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。

▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/

QRコード

QR

ブログ内検索

検索フォーム

FC2カウンター


無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

最近のトラックバック

スポンサードリンク