2015.01.05 22:47|お酒
 
そろそろ おいしいお酒の酒粕が出てくる時期ですね!


食べる美容液「酒粕」

一口に「酒粕」といっても、銘柄、同じ銘柄でも、純米酒と吟醸の酒粕では全然味が違うのです。

というわけで、2013~2014年に食した酒粕についての自己満足メモです。

今年は天晴で1キロ吟醸の酒粕を買ってしまったので、思ったほど、酒粕の種類食べてなかったな~。残念

いすず橋 (神奈川)

→お酒は飲んでいないのですが、おそらく、大吟醸の酒粕をGET!大吟醸の酒粕はどこのも大体共通してまろやかで上品な芳香を放っていて、なめらかで、色が白いように思います。そのかわり、甘酒にしてしまうと、「ここの酒粕はここの!」という区別はつきにくくなるのですが、飲んでいてうっとりするおいしさ。これは「特別な日用」で大切に飲んでいます。

小布施 (長野)
→ここのは早い時期に買ったので、吟醸の酒粕ではない模様。甘酒にすると、ひなあられっぽい味がしたのですが、鍋にも合うバランスがよい味でした。お酒自体は、辛みがつよいお酒なのかな?なんて想像しながらいただきました。

朝日山 (新潟)
→ここのも早い時期に手に入れたので、吟醸の酒粕ではないかんじ。甘酒にすると ひなあられ度が高くなります。ひなあられ度が高くなる酒粕は、個人的にお味噌とあわせる方がすきなので、味噌鍋とかお味噌のお雑煮の時に活用させてもらいました
 
天晴  (神奈川)
→飲んでいて中性的なお酒って、酒粕にすると6味がしっかり残っている気がします。というわけで、甘酒にするなら、私は天晴の酒粕が一番すき。シナモンを入れて、スパイシーにしても結構いけます。

羽根屋 (金沢)
→ここのお酒も、飲んでいると、中性的で、あとから6味がしっかり伝わってくる、天晴と似たテイストなので、期待していたら!
やっぱりおいしかった!天晴れほど、甘酒にした時に華やかではないのだけれど、落ち着いた風格ある御仁。という感じで良い酒粕でした。3月にはいってきたので、記載はなかったけれど、おそらく吟醸レベルの酒粕だったはず。

佐久の花 (長野)
→こちらは酒粕が華やかで、明るい感じの甘酒になったので、お酒は辛口を想像していたら、甘い花のようなお酒で、スパークリング日本酒みたいななめらかなお酒で、びっくり。自己主張しないけれど、人の目を引くお花のようなお酒と酒粕でした。
「佐久の花」お酒も酒粕もとても好きです。
2015.01.03 19:21|お酒
 日本酒にもスパークリングワインみたいなのがあればいいのに、と思う方、多いと思います。

じつは、それに近いもの、あるんです。
天然酵母の働きで、開封すると、しゅわしゅわするものがあるんです。



だいたいが、濁り酒の仲間なんですが、

春先になると、こういうお酒が出てくるので、気になる方は酒屋さんんい聞いてみるといいですよ。


ちなみに私のお気に入りはコレ!


「雪もよう」福井のお酒です。 常山酒造さん。


 2014032020332864d.jpg 201403202032482fc.jpg 2014032020323371a.jpg 


線を開けると下に沈んでいるおりが、雪のように舞いあがってきて、とってもきれいなんです♪


甘みがあって、はじめての人にも飲みやすいですよ♪ 



これは奈良の吉野に行った方にいただいたのですが、かなり!大大大!ヒットだったお酒です。
ラベル渋いですが、吉野の山にはこんな仙人がいそうで、それもよいです。
甘くて、こちらも呑みやすいです。

「大名庄屋酒」

 2014032020304206e.jpg 201403202030322a8.jpg 201403202030170b4.jpg 



そのなも「シュワトロ」 秋田の浅舞酒造さん。おしゃれなラベルです。
クリアーな瓶にふさわしい、辛口目のしゅわとろでした。
凛とした、美人になりそうなお酒でした。

201403202036246df.jpg 2014032020355876c.jpg 20140320203545b6d.jpg        

しゅわとろ酒、女子会の時のときにおススメです♪(ただ、意外に酔うので、それはお気を付け下さいね)
2014.12.23 17:58|お酒
島根のお酒。神無月には日本中の神様が出雲に集まって大宴会をひらかれるそうですが、
そんな風土で育つお酒はどんな味なんだと思います?

もちろん、酒蔵さんごとで、違うのは当たり前ですが、個人的には、漢詩を聴いているような、歯切れのいいリズムがあるお酒のように感じます。

お土産で頂いた「王禄」。整えられた澄んだ小川のような印象のお酒。丸みのある味でおいしいのですが、醸造アルコールが入っていたのが残念。醸造アルコール、上手に使ってあるところは、味が整った感じになる気がするんですが、(王禄は上手につかってあります) 下手なところは吐き気につながるんですね^_^; 女性の多くが「日本酒気持ち悪い」というのは、この醸造アルコールの味なんじゃないかと個人的には思うのです。(自分がそうなので)

というわけで、「気持ち悪くならない日本酒を呑んでみたい」と思ったら「醸造アルコール」が入っていないのを選んでみるといいですよ。(たまに、悪徳酒蔵で、記載していないところもありますが・・。)


埋め込み画像への固定リンク      埋め込み画像への固定リンク   

「月山」…まろやかで甘い味を予想していたら、意外に、辛口で、きりりとしていた記憶が。冴えた月を見る感じでしょうか。


  

「李白」これはおいしかったです。名前からしてすっごいエリートな気配がしますが、まさに、すっごいエリートから、教養をたしなんでいるような、ちょっと堅苦しさはあるけれど、あ~実りある時間だわぁ。みたいなお酒でした。



























 埋め込み画像への固定リンク  埋め込み画像への固定リンク



 「七冠馬」 簸上正宗(ひかみまさむね) 確か上3つのお酒は松江らへんの酒蔵さんなのだけれど、こちらは奥出雲の酒蔵さんのお酒。馬主さんと酒蔵さんが縁戚関係になったのを記念して作られたそうです。


午年を走り抜けるのに力になってくれそう。と思って呑みました。乳酸菌っぽい後味がして、呑みやすかったです。これは上3つとちょっとテイストが違いました。


伊勢のお酒は「THE 宴会!」的な味わいだけど、島根のお酒は「THE 会議」みたいな、ちょっとかしこまった印象がするきがします。


2014.12.17 12:55|お酒
古代ロマンの味が楽しめるお酒。万葉の時代と同じ製法だそうです。

埋め込み画像への固定リンク   埋め込み画像への固定リンク
奈良の美吉野醸造株式会社さんの「花巴」。蔵の中にある天然酵母菌で作られているお酒です千葉の寺田屋本家さんも同じような作り方をしているそうです




花巴は熟しに熟し切って、腐る寸前の梨、といったら変なたとえだけれど、果実が最高潮に熟れた風味と酸味がある気がします。
酵母菌の活躍がピチピチしているというか、女子高生のような生きの良さがある感じ。



千葉の寺田屋本家さんは、もっとたおやかなよくできた家事力の高い女性、という感じで、フルーティーなのは同じだけれど、もっとジュースっぽくって、さらさら食前酒にいい感じです。

どちらのお酒も、食前酒かデザート酒にセレクトすると良さそう。お食事には、ちょっと合わないかな~。

2014.11.16 11:44|お酒

続きを読む >>

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

とねりこまろん (hida)

Author:とねりこまろん (hida)
ようこそ♪ hida です。

音楽関係会社を経て独立、

途中、石(ミネラル・鉱物)のスタッフとして、
ワークショップを開催しながら腕を磨きつつ


キネシを使ったオリジナルスタイルでの
行動心理アドバイザーをメインに
(2002年~)

フレンチスタイルベースのフラワーアレンジメント講師(2009年~)
オーストラリアンワイルドフラワーアートセラピー講師(2001年~)
和の香原料を使った香りの調合をする香司(こうし)(2013年~)
ライター(2007年~)
日本酒の利き酒師(2015年~)
薫物屋香楽認定 香司 教授資格(2016年~)
なんかをしています。

(石屋のスタッフが先だと思われてますが、
実は、独立後、石屋にスカウトされました)


1999年からフラワーエッセンスを使い始めました。
趣味のように実験を繰り返していたフラワーエッセンス。
よく、エッセンスの体験談や
メーカーごとの違いとかを聞かれたので、
そういうのを楽しく紹介していければいいな。
と思ってこのブログを始めました。

アリゾナカクタス・フラワーエッセンスのティーチャー&
パシフィック・エッセンスのプラクティショナーです。


パシフィックはわたしがプラクティショナーをとった時には、
日本にはプラクティショナー1人しかいませんでした。
(わたしは2人~6人目くらいだったかと思います)

他習得技術は
オーラソーマ・プラクティショナー(1999年~)
スリーインワンコンセプト(2002年~)
ヒプノセラピー(2000年くらい)
ミスティカオイルセラピスト(2001年くらい)
草月流1級師範 総務(2016年現在)
JAKDA認定1級カラリスト(1996年)
照明コンサルタント(1999年)
D.A.F.A.1(ダファ/プルミエ)
フランス国立園芸協会(S.N.H.F.)主催の
アレンジメント技能認定国家試験 合格 (2007年)

趣味はバックギャモンと日本酒&クラフトビール
茶道&読書&音楽
ものづくり、園芸、キレイなものをみること、
我が家のお犬さま観察です。


最近、たまぁに、
アルゼンチンタンゴもやりはじめました。
時間があれば、合気道もまたやりたいと、
機会をうかがっているところです。


よく、セラピストですか?と聞かれますが、
セラピストとは名乗っていません。

一応、呼称

行動心理アドバイザー としています。

プライベートからビジネスシーンまで
キネシオロジーはじめさまざまな方法で
「鏡」の役割をして、未来へのさまざまな選択肢・可能性の
ご提案をしています。

現在・手持ちエッセンス9メーカー約400種類です。
新しいエッセンスもいいのですが、
身近に生のお花があると、
フラワーエッセンスは特にいらないかも?
とも感じているので、

身近な自然から感じたことや、
楽しくて、毎日がよくなる!と実感したことを
ブログでお伝えしていくつもりです。

個人セッションは、
基本、ご紹介者がいらっしゃる方のみと
させていただいています


活動の詳細は下記をご覧くださいね。
@hida@カタログ
http://floraray.blog37.fc2.com/blog-category-2.html
@hida@hida的キネシ術日記
http://ainebutterfly.blog83.fc2.com/

*注意!*
コメントなどで個人的に質問を送られてもそれには返信いたしません。
他の方にも有益、と判断した場合には、当方の都合のつくときに、
ブログの文面にて、お答えとなるものを公開します。
他で調べればすぐ答えのわかるようなもの、
また当方で詳しい情報のつかめていないものに関しては、
ブログ文面でもお答えはいたしません。

このブログをご欄になっている
ほかの方にお知恵を拝借したいと思っている場合は
「公開」にしてコメントを行い、
善意のコメントがいただけるまで静かにお待ちください。

また、当ブログにふさわしくないと判断したコメント、
トラックバックは事前の了承無く、即刻削除させていただきます。

blog コンテンツについて
【販売者名】
「floraray」by naoe hida
4-131 uemachi naka-ku yokohama-shi kanagawa
6253101
【URL】
http://maloon8lagoon.blog51.fc2.com/
【ブロマガの販売について】
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄から
FC2ポイントを購入し購入したFC2ポイントを消費して
コンテンツを購入して頂けます。コンテンツの購入に必要な金額は、
1ポイント=1円として計算し、各コンテンツ毎に異なります。
販売価格は各コンテンツ毎に表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/point.html

【商品代金以外の費用】

記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。

【商品引渡方法、引渡時期】
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。

【返品に関する事項】
商品の特性上、コンテンツ及びポイントの返品(キャンセル)は承れません。

【動作環境】
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題無く閲覧可能か、
必ず動作確認を行った上でご購入ください。

▼推奨使用環境
http://support.fc2.com/

QRコード

QR

ブログ内検索

検索フォーム

FC2カウンター


無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

最近のトラックバック

スポンサードリンク